03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ぜうピ!!.ver 2 - the return -

ケガからの復活を目指し、試行錯誤の日々.......新しい明日に向かって、いざ出陣!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ハマースミスのうじ虫

ずいぶん前に読んだ本だが、どうしても書き留めておきたかった。
ハマースミスのうじ虫

なんとも言えんタイトルだが、いわゆる古典に入るミステリー。
いつどこで聞いたのかは定かではないのだが、何故か名作として記憶の中にインプットされていた。それが故、本屋さんでこの本が目に入った時に、迷わず購入していた。

これは創元推理文庫さんから出ているんだが、1955年発表のウィリアム・モール氏の作品。もともとは東京創元社のクライム・クラブ叢書 (全29巻)の中の一冊だったのだが、新訳が昨年刊行された。それを購入したというわけ。

読み始めると、時代背景ももちろん違うが、話の進み具合や人物構成に何とも時代を感じさせる一品。派手さもなければ、謎解きの爽快感も感じられない、何とも表現の難しい作品なのだが、非常に味がある。

普通のミステリーのおもしろさを期待して読むと、少し肩すかしを食らった感があるのだが、読後に何とも言えない余韻が残っている。実際、私もこれを読んだのは一年前なんだが、いまだにその余韻を引っ張っており、だから今になっても無性に紹介したくなった、そんな作品。

今調べてみると、これだけの賞をとっていることを知った。
これはやはり時代を超えた名作と言っていいんではないだろうか。

第3位CSミステリチャンネル「闘うベストテン2006」/海外部門
第6位『IN★POCKET』2006年文庫翻訳ミステリーベスト10/総合部門
第4位『IN★POCKET』2006年文庫翻訳ミステリーベスト10/読者部門
第4位『IN★POCKET』2006年文庫翻訳ミステリーベスト10/作家部門
第9位『IN★POCKET』2006年文庫翻訳ミステリーベスト10/翻訳家&評論家部門
第10位『本の雑誌増刊・おすすめ文庫王国2006年度版』ジャンル別ベスト10・翻訳ミステリー(関口苑生氏選)

tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

奇妙なミステリでした

初めまして。
私も今年の3月に読んで、独特の雰囲気を感じたのでコメントさせていただきます。

厳密にミステリといえばミステリなんでしょうが、心理小説と呼んでもいいようなストーリー。
他に類を見ないオリジナリティを持っていると思います。
まさしく時を超える名作だと思います。

失礼しました。

URL | Ksbc #-
2007/10/05 19:34 * edit *

Ksbcさん

初めまして。コメントありがとうございます。

>厳密にミステリといえばミステリなんでしょうが、心理小説と呼んでもいいようなストーリー。

おっしゃる通り、同感です。だから後に残る余韻が違うんでしょうか。今までも、読み返したいものはありましたが、これほど読み返したくなるミステリーに出会ったことはなかったです。

URL | ぜうピ!! #-
2007/10/05 19:52 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tessie37.blog100.fc2.com/tb.php/28-f6ae43ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

profile

access counter

recent entries

categories

recent comments

recent trackbacks

monthly archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。