03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ぜうピ!!.ver 2 - the return -

ケガからの復活を目指し、試行錯誤の日々.......新しい明日に向かって、いざ出陣!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

第20回三田国際マスターズマラソン

昨日、今年最後のレースとして三田国際マスターズマラソンでハーフを走ってきました。

このコースは昨年も紹介しましたが、アップダウンの厳しいコース。このコースでのサブ90は難しいと判断し、93分あたりを目標に走ってきました。

1時間~1時間30分のグループの後の方に並びスタート。かなりの混雑でスタート地点は41秒遅れで通過。しばらく混雑は解消されず、1Kあたりからようやくペースに乗り出しました。

5K通過は21分46秒。あわよくばと思っていたサブ90のペースを大きく下回りちょっとがっかりしていたんですが、実は時計の設定がいつのまにか変わっていてラップではなくスプリット表示に。本当は5Kを21分05秒で通過していました。ですのでサブ90を若干上回るペースでした。ちゃんとわかっていれば気分的にも違ってもう少し突っ込めたような気もしましたが、まあ『たられば』は禁物ですな。

それでも次の5Kは21分31秒でカバーしここまではまあまあのペース。ちなみにゲストランナーで参加していた谷川真理さんは7Kあたりで一気にぶっちぎってきました。もう一人のゲストランナー、加納由理選手(先月の東京国際で2位)とは折り返してきた時にすれ違い(もちろんむこうが先に折り返してきたわけですが)ましたが、やっぱりトップランナーの走りは違いますね。

さて、10K手前あたりから本格的なアップダウンが始まり、最初の長い登りでは向かい風がきつかったこともあり『もう脚が止まる~』というところで福知山コミュ仲間のまつさんが『ぜうピ!!さ~ん』と爽やかに、それも笑顔で軽~く抜きさって行きました。なんか異次元の走りを感じましたね。そんなのもあってすっかりペースダウン(いや、別にまつさんのせいやないけどね)。15~20Kは23分20秒まで落ちました。しかしそれではいかんと、何度か入った下りも利用し次の5.0975K(15Kを越えてからは残りの距離1K毎の表示)を22分46秒(5K換算で22分20秒)へと何とか少しペースアップ。最後の1Kはほとんど動かん脚をむりやり回して4分21秒。結果グロス1時間33分42秒、ネット1時間33分01秒と何とか狙っていたあたりのタイムでゴール。一応今年最後のレースを無難に乗り切ったという感じでしょうか。

しかし、あれだけ脚が動かなかったのはやはりショック。このタフなコースをサクッと走りきって、余裕をもってサブ90を達成したいもんです。来年の三田に向けて目標が出来ました。

これで今年のレースは全て終了。大阪ハーフでの久しぶりのサブ100に始まり、東京で7年ぶりのフル自己ベスト。春から夏にかけてケガで走れない時期もありましたが、秋のレースシーズンに入りハーフでサブ90に後少しまで迫り、フルではサブ3.5達成と、大厄をものともしない充実の1年でした。来年はこれに負けないぐらいの1年にしたいもんです。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://tessie37.blog100.fc2.com/tb.php/257-e2ca19fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

profile

access counter

recent entries

categories

recent comments

recent trackbacks

monthly archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。