01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

ぜうピ!!.ver 2 - the return -

ケガからの復活を目指し、試行錯誤の日々.......新しい明日に向かって、いざ出陣!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ついに完全健康体。

先日会社で定期健康診断を受けたんだが、その結果が返ってきた。

かなり前からず~っと中性脂肪が高く基準値外、最近はコレステロールも基準値外で嫌な感じだったが、今回この二つも含め、すべてが基準値内に、しかも低いところに収まった。これも昨年からランニングの量が増えたことによる効果なのだろうと思う。もちろんそれを期待して走っていた訳ではないけどね。

しかし、こうなるとますますランニングはやめられない。このまま健康体で生きていかんとね、姫もまだまだ小さいし。

ところで、気がついたら篠山は明後日。しかし先週の土曜日に脚の痛みが強くなってから、走ってない。また痛くなって篠山に出られへんようなってもいややし。ということで今回はある意味ぶっつけ本番出たとこ勝負ってな感じかな。痛みはずいぶん治まってるので、そこそこは走れると思うけどスタミナがね。まあ、あんまり深く考えず頭からまた突っ込んで行くべか。

スポンサーサイト
tb: 0 |  cm: 0
go page top

無理はしてはいけません......だから残るは気合いだけ。

以前から痛めている左足アキレス腱(多分周囲炎)に加えて、おそらくかばって走っていたのだろうけど右足の甲にも痛みがあり、先週の河内長野のハーフ以降完全休足状態。それでも篠山へのカウントダウンは始まっており気は焦るばかり。結局我慢できず昨日がっつり走った。

距離を走るか、どうしようか迷ったがハーフぐらいの距離を篠山の前半で設定しているペースでのペース走。靴もいまいちあってなかったがあえて今年初めにレース用に購入したターサーで走ってみた。

ペース的には完全にイーブンでキロ4分40秒あたりで22K弱を走りきり、ハーフ換算で1時間39分10秒ぐらい。ペースもタイムも申し分なし。若干後半脚に疲労感を感じ、フルでの後半のスタミナに不安を感じたが、まあまあの出来だった。

昨日の夕方のペース走を受けて、間のレストを短くとって今日朝にロングを走るべく、昨晩から用意して、朝苦手なのにちゃんと早起きし、給水用のボトルポーチも装着して走り出した......んだが、今日は右足の甲の痛みがキツい。それでも来週のフルのためにはと我慢しながら走っていたがわずか1Kで断念。こんなことなら昨日もう少し長く走っておけば良かった.......

足の甲の痛みは休めば治まるので来週のレースは出場するつもりだが、タイムを狙うのは難しそう。完走を目指す走りになりそうだが、それでも可能性にかけて頭は例のごとく突っ込んで後半粘りの展開に持っていくつもり。今季のレースはこれが一応最後で、次はウルトラという全く違う作り方をする未知の世界。そうなると気合いで突っ走りたくなるのが性。

本当はしっかり脚を作って納得いく走り(=サブ3.5)を篠山で出来たらサロマ挑戦のつもりだったので、そういう意味では全然ダメ。それでも今出来る範囲でしっかり走りきってサロマへの挑戦権を自分に嘘をつかずに手に入れたい。やっぱりここまで来たら気持ちしかないんだろうな。
tb: 0 |  cm: 0
go page top

いままでにいったいどれだけ走ったか 残すはたった42キロ

滅多に見ないんやけど、今日はたまたま9時ぐらいから『1分間の深イイ話』を見てた。

最後の話がQちゃんのエピソードやったけど、さすが求道者と言われたQちゃんならではの話。

シドニー五輪で金メダルとって、次は世界で初めて2時間20分をきる世界記録を出すために走り込んで挑んだベルリンマラソン。その日、スタート前の心境を詠んだ短歌がこれ。

いままでにいったいどれだけ走ったか
残すはたった42キロ


さすがに今度の篠山でそんな思いになるはずはないけど、いつかはそう言う心境になれるぐらい、しっかり脚を作ってスタートラインに立ちたいもんだ。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

第54回河内長野シティマラソン

篠山を2週間後に控え、今日のレースは調整ラン。アップダウンがしっかりあり、かなりキツいコースと聞いていたのだが、一応キロ4分半のイーブンペースを目標に。

現地ではコミュメンバーと盛り上がり、他のメンバーも出ている泉州のほうにも話題が移り、和気あいあい。気温も高めでなんとなく気持ち的にも余裕がある感じ。

応援部隊の赤福さんも一緒に話し込んでいるといつの間にかスタート地点への移動が始まり、うまく1時間40分以内のグループにゆーさん、まーくんとともに入り込めた。

移動中にゆーさんがトイレに行ったので、スタートはゆーさんとは結局別に。スタート地点でぱっちんさんとカキちゃんを見つけ4人で『前半飛ばして後半下りに任せたら85分いけるで』なんて無茶なことを話しているうちにスタート時間に。

スタートしてとりあえずいつものように前へ出てしまい、他のメンバーを置いて行く形に。しばらくいくと赤福さんの応援で力をもらい、さらにしばらく行くと、『福知山組がんばれよ』の応援カードとともにまおさんも応援してくれていた。

前半はそれほどの登りではなく、最初の5Kを22分48秒。キロ4分半よりは少し遅めだがだいたい設定通り。がここから登りが本格的に。

カキちゃんが追いついていて、しばらく一緒に走っていたが下りになると離される。登りで追いついて下りで離されてを繰り返し、折り返し前で完全に離されてしまった......

先に折り返したカキちゃんに声援送り、私が折り返すと、すぐにまーくんが。そのまたすぐ後ろにゆーさん。いつ追いつかれるかわからん怖い展開に。

5~10Kは24分37秒とやはり登りの影響でペースが落ちている。折り返した後は下りがメインなのでペースをあげたいんだが、今ひとつ脚が出ない。前半で使い切ってしまったのかという感じ。ここからが勝負。

で、とうとうまーくんに追いつかれてしばらくついて行ったんだが、やっぱり脚が出ず置いて行かれる。あっという間に100m近い差に。ここまで一緒に走ったレースでは負けていなかったのだが、今回は負けそう。

それでも19.9Kの関門を過ぎて残り1Kほどになって火がついた。呼吸もガンガンにあがった状態で追跡開始。だんだん背中が大きくなってくる。10~20K(15K地点見落とし)を44分13秒と下りも利用した形ではあるがキロ4分半はきっている。でもそんなことはどうでも良くなってとにかくまーくんに追いつくのに必死。残り1Kをきったあたりで赤福さん、まおさん、ポポロンリーダーが3人で応援してくれていて、ここではまーくんとの距離も30mぐらいに詰まっていた。3人の声援にさらに力をもらいついに追いついた。

まーくんは『お先にどうぞ』なんていいながらピッタリついてきていて、また抜き返される。10mほど差がついていよいよ万事休す。残りの距離もほとんど残っていない。が、ゴール前の神社が見えて、ここから短距離走。ゴール前5mでかわし1秒差で勝利(タイムは1時間36分14秒)。最後はなんとも気合いの入ったレースになった。以前は一人で参加していたからこんなレース展開はない。これも仲間と走る醍醐味。

しばらくしてゆーさんもゴール。3人で『キツかったな~』言いながら3人とも『おもろいコースやな~』とドMぶりを発揮。これやからやめられまへん。

結果、皆さん無事ゴール(あさとしさんとはゴール後会えなかったけど)。まーくんと赤福さんは泉州組の応援に。先ほど結果のメールが届いたがこちらもみんな無事ゴールできたよう。

これで残すところ篠山となり、あと2週間でなんとか脚を作っていかなあきまへんな。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

久しぶりのロングで撃沈......

篠山まで後少し。そろそろロングを走っとかないといかん。ということで例のごとく、コストコに買い物に行った帰り、ロング走をしてきた。

今日は心拍計をつけて150~160あたりでペースを維持。だいたいキロ5分ぐらいにはなるはず。前半は結構いい感じで、心拍数も目標の数字で維持。コストコから武庫川までがだいたい8Kと少し。これを40分をこえるくらいで通過。予定通りのペース。武庫川に入っても心拍数を目安にペース維持。北へ向かって新幹線の高架で折り返し.....たとたんごっつい向かい風。登ってるときはそんな追い風感じなかったのに......

それでも向かい風と闘いながらペース維持。南に下りきって折り返したら追い風で少し押される感じ。そら向かい風もキツいはず。ちょっと楽な感じではあったが脚の方に疲労感が......まだ家まで12K以上あるのに.....

武庫川から2号線に出ると、下りなのに脚が出ない。ここから完全にペースダウン。しかも時折歩きも入る始末。今日は33K弱のこのコースを余裕を持って3時間きる(2時間45分ぐらい)のが目標やったのに、後半はペースも無茶苦茶、家に帰り着くことが目標に。

なんとか家までたどり着いてホッと一息。最初の21K強を1時間44分程度で走ったのに最後の12K弱が1時間22分ほどもかかり、結局32.7Kを3時間5分弱。篠山前の最初で最後のロング走で致命的な問題点が露呈してしまい、黄色信号点灯。走りきれるんやろか......

tb: 0 |  cm: 0
go page top

ユニセフカップ2009神戸バレンタイン・ラブラン

今日は息子とガチンコ対決の3Kレース。の予定だったけど丸亀前から痛めていたアキレス腱のあたりは調子悪いまま。せっかくの勝負なのにの思いは強かったが、今週は走るのを我慢して、昨日軽く走ってなんとか今日のレースのメドを立てた。

で、昨日あらためて参加証のハガキを見ていると『個人参加』って書いてある.......いや、『親子参加』やねんけど。多分私の申し込み時のミスやろうけど参加料はどっちでも一緒。なら駄々こねてみようと当日の今日、息子と乗り込んだ。

結局、駄々こねるまでもなく、『はい』っと新しいゼッケンを貰い二人での参加確定。さあ、いくで~!

並び始めたら私のゼッケンでいくと真ん中より少し後ろ。息子は大きいゼッケン番号やったんで『俺ここでええの?』って感じでしたが、親子参加やからと言うことで私と同じ位置でのスタート。しかしファミリーマラソンやから当然のごとく子供達がいっぱい。スタート後の混雑が心配。

よく見えなかったけど、スタート前はどこかのチアリーダーの皆さんが演技してくれた後いよいよスタート。が案の定とてもペースをつかめる状態ではなく大阪ハーフを思い出す。なんとか間を縫って前に行こうとするけど全然いけない。で、多分1Kいく前にある折り返しを回るとようやくペースアップできる状況に。息子はどこやと探してたら前にいた。で、追いかけたんやけどかなり速い。これはついていけるんやろかと思ってたらふとペースが落ちた。どうも折り返しで半分終わったと勘違いして相当突っ込んだらしい。で、私が前に出る展開。ここからは勝負よりも自分の走りに集中してガンガンいく。

結局その後は息子の背中を見ることなくゴール。タイムは12分13秒。最初の1Kは4分の後半でいってると思うので、終盤2Kは7分30~45秒あたりで走れていたと思う。スタートでうまく突っ込めれば11分30秒はきっていたんじゃないかな~。

息子の方はというと私が前に出てからもずっと後ろについていたみたいやけど、給水地点で思わず給水経験をしたかったみたいで、しかもコップの回収がその先で見えなかったので止まって給水したらしい。勝負より経験をとったみたいで、この時点で勝負は決していた。

まあ今回は息子もロードレースは初めてやし経験値を積んだと言うことで成功、成功。本気のガチンコは次の機会に持ち越しになった。

私の脚の方はしっかり動いてくれたし、現地点では来週の河内長野ハーフは参加の方向。それに加えて篠山に向けてのロングもやらんとね。ちょっと篠山はヤバめ。

tb: 0 |  cm: 0
go page top

2009年春期キャンプはどんなんかな~

春期キャンプも始まりもう第2クールに入ってます。予想通りというか、WBC組の球児、岩田は仕上がりが早い様子。第1クール最終日にはシート打撃に登板、期待させるピッチングが出来ていたようですね。

岩田はバット3本折ったらしいし、
020509岩田

球児はスリークォーターからの投球を見せたらしい。
020509球児2

久保さんは『日の丸ライジングボール』なんて命名しているらしいが、どうも去年の北京で見たキューバの投手の投球からヒントを得て、既に去年からちょくちょく練習していたらしい。球を見てないんでわかりませんが、面白そうですね。

打者の方は藤本が調子いいらしいですが、今岡も真弓大先生によると『3割、30本』らしい。
020509今岡

そうは言うてもここ3年裏切られて来てるんで、話半分に聞いとかんと。

しかし、まだ始まったばかりですが、どうも真弓大先生のコメントがええことばっかり。関本で2番確定みたいな話してるけど、2日前は藤本を2番セカンドに推してたし、
020509藤本

今度は今岡。これだけでも内野余ってきてます。なんか大丈夫かなって感じはするんですけど。まあ、こんなん慣れてますけどね。

今年はペナント始まる前にWBCがあるんで、そこでひと盛り上がりして、気持ちよくシーズンインしていきたいですな。頼むで、球児。
020509球児


tb: 0 |  cm: 0
go page top

第63回香川丸亀国際ハーフマラソン

今年最初の本命レース、丸亀ハーフから帰ってきました。まずは結果報告。

サブ90達成しました!!

かなりきつい展開でしたが、いつものように頭から突っ込み、後半粘るパターン。前半の貯金をフル活用する結果でした。

さて、前日に現地入りした訳ですが、無事、金哲彦さんとQちゃんのジョギング教室に参加できました。今回一緒に参加したまーくんが、早くから並んでくれていたおかげです。

2009丸亀Qちゃん

『撮影会ではないですよ~』と金さんに釘を刺されましたが、しっかり撮ってきました。教室の方は、まずはウォームアップの体操に始まり、その後は結構細かいところ(例えば足首)もケアしたストレッチを教えてもらい、軽くランニング。体が温まったところで左右の脚の強さのバランスを個々で確認し、それを解消するための筋トレや、ちょっとした空き時間でできる腹筋と色々ためになることを教えてもらいました。もちろん早速今日のレース前に活用したことは言うまでもありません。

最後にそれぞれ目標タイムに合わせた2000mのペース走。もちろん私は1時間30分の組に参加。昨日は風がかなりきつく、結構しんどかった。このときは今日のサブ90はきついなと感じてました。

今日はホテルから会場まではまーくんのお母様運転の車で送っていただき(今回は本当にお世話になりました)、受付も昨日すましていたおかげでかなり余裕のある状態で準備できました。アップもいつになく入念に、昨日教えてもらったストレッチも取り入れ準備は万端。後は自分の展開にどう持っていけるかでした。

まーくんとはゼッケンも近く、同じところからのスタート。『じゃ、頑張っていきましょう』と握手をかわしスタート。先週の大阪と違い、スタートラインを超えてからすぐに集団がほぐれ予定通り頭からしっかり突っ込んでいく展開。

まずは2Kを8分ジャストで通過。始めに若干込んでいたことも考えると1~2Kは3分台か。とにかくこのまま突っ込んでいくことに。

3~5Kはキロ4分を少し超えるペースで、最初の5Kを20分15秒。まずはいい感じ。

そこからはキロ4分5~10秒のあたりで頑張っていたが、実は3日前から腫れていた左脚のアキレス腱に8K過ぎたぐらいで痛みが......しかしわざわざ泊まりで丸亀に乗り込んできたのにここでペースを落とすわけにはいかない。無理しない程度に走っていると10Kあたりでは痛みも和らぎ、5~10Kを20分45秒。ペースはなんとか保ち後半のための貯金をもう少し作れた。

10K超えたところで私の名前とともに『がんばれ~』との声が! まーくんのお母様の声。昨日お会いした時にゼッケン番号と名前を言ってたのですがなんと名前とゼッケン番号を書いた紙まで持って応援してくれていました。初めての経験。力をもらいます。このおかげで10~11Kはまた4分2秒までペースアップ。折り返してもう一度応援してもらいさらに力が出ました。

とは言うもののやはり前半よりはペースが落ち気味。サブ90ペースのキロ4分15秒前後に落ち10~15Kは21分14秒。10~11Kを飛ばしてましたからそこそこのペースダウンと言うことになる。それでもとにかく前へ行くしかない。

17K超えたあたりからちょっと弱気の虫が出てきて、折り返し前の反対車線を走るランナーを見ながら『あのペースで走ったら楽やろな~』。しかしせっかくここまでサブ90を切れるペースできてるのに、せっかく丸亀まで来てるのに、ここで気を抜いたらいかん!

しかし、脚は動かんし、左のアキレス腱の痛みは若干ながら続いてるし、ここからはほんまに気持ちがどこまで続くかの勝負。なんとか耐えて耐えて15~20Kを21分54秒でカバー。ここをいかに落とさないかが今後の課題ですな。

最後競技場に入っての1周半ですが、時計表示を見て残り400mを2分超えてもサブ90を達成できることを確認。喜びをかみしめながらの1周になりました。

結果、ラスト1Kはあげきれず4分12秒かかってしまいましたが、グロスで1時間29分21秒、ネット1時間28分44秒でようやくサブ90を達成。同じくサブ90を目指していたまーくんはネットで1時間30分11秒とわずかながら届かず。でも自己ベストで進化の過程と言うことで、楽しみは次にということなりました。

ゴールして着替えて競技場のスタンドに行くと、Qちゃんがみんなを励ましてました。

2009丸亀Qちゃん2

これからはこんな感じでQちゃんと交流できる機会が増えるんだろうな~と、Qちゃんを尊敬している私としてはまた新たな楽しみができました。

と言うことで、まずは今年の目標を予定していたレースで達成できるという、なんとも出来すぎたストーリーでしたが、来週は息子と3K勝負。その後河内長野のハーフを走って篠山でもう一度サブ3.5、そして今年はついにサロマを目指します。

tb: 0 |  cm: 5
go page top

profile

access counter

recent entries

categories

recent comments

recent trackbacks

monthly archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。